ゴミ箱モデル

□ゴミ箱(ゴミ缶)モデル;マーチ,オルセン,コーエン
    バーナードやサイモンらの意思決定論 ⇒ 合理性の追求を基礎とする意思決定論
      ごみ箱モデル ⇒ 現実の意思決定過程は、諸要素が偶発的に結びついて決定

    組織における意思決定;政策の選択機会に様々な課題,解決策,参加者が投げ込まれる
                  「ごみ箱」に似た状況
                   →極めて流動的で状況に左右されやすい


 

【過去問】
政策決定過程の理論に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。【国T】


1.課題、解決案、参加者および選択機会の4つの個別の流れが結びつく過程として政策の決定を記述しようとする組織の「ごみ缶モデル」では、時間内に具体的な決定が行われる場合よりも、見逃しや先送りが組織内において多くを占めていることを主張する。

2.増分主義(インクリメンタリズム)は、多元主義政治理論の批判として現れたもので、エリート集団といった単一の主体の価値が政策過程において貫徹するが、その価値を最大化するような手段の探索が時間を経るにつれて改良していくという点を強調する。

3.増分主義を予算編成の過程に当てはめた場合、全政策プログラムについてその妥当性につき再検討が行われ、政策プログラムは削減されるか、または拡大されるため、各プログラムごとの予算の増減率の分布の形は2つのピークを持つ。

4.合理性モデルでは、十分な情報の下で、考えうるすべての政策の選択肢を考慮し、その結果を単一の価値の最大化という観点から評価するため、そこで選択された政策案は、増分主義的な決定に比べて、政治的に受け入れられる可能性が高い。

5.政策決定の合理性モデルにおいては、すべての政策代替案とそれを行った場合に生じる結果に関する情報の完全性が仮定されるが、経済的効率性を単一の判断基準としているため、価値に関する社会の選好や相対的重要性についての情報は必要としない。


【解答】
 正答 1

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。