公務員試験対策!行政学 > 科学的管理法

テイラーの科学的管理法(2)

□テイラーの科学的管理法の特徴
   1)時間研究,動作研究 ⇒ 課業(1日の標準作業量)
   作業の標準化 ⇒ 独自の管理手法(テイラーシステム)
     熟練労働者の仕事内容を科学的に分析 ⇒ 合理的な作業方法
     管理 ⇒ 正確な方法によって秩序づけられるべき「アート」


   2)差別的出来高制
      成功に対する高い報酬 ⇒ 経済的動機付け

   3)機能的職長制
   →工場現場の管理者(職長)を特定の仕事に専念させる制度
      機能的職長 ⇒ 統制(標準化された作業を個々の組織構成員に配分する際の配慮)と
             協同(共通の目標をより能率的に達成できるように職務を配列すること)を実施

   4種の計画職能(生産日程計画係,指図票係,時間原価係,職場監督係)と
   4種の執行職能(準備係,速度係,検査係,修繕係)

         ...に職長の仕事を分類 ⇒ 工場管理の合理化

【過去問をチェック!】

テイラーの科学的管理法(1)

科学的管理法[1](テイラー);『科学的管理の諸原理[2]』(1911
 (従来の)成り行き管理 課業管理

 
20世紀初頭のアメリカ;
  企業家の成り行き管理の横行,単純出来高給制,一方的な賃率切り下げ
   →組織的怠業が蔓延

 【科学的管理法の目的】
  組織的怠業の解消

     当初;労働工程と企業経営の合理的組織化を進める手法
     →後に中央・地方政府の行政にも適用

  初期の科学的管理法;熟練者の作業方法 ⇒「標準化」
   →未経験者でも最小の労力と時間で最大の生産効果を上げることを目指した
 


[1])テイラーによって広められた合理的な生産・管理技術。
[2])テイラーは、意欲に欠ける工場労働者の就業実態と意欲を欠けさせる経営者の経営実態を研究し、「合理的経営」とは何かを解明しようとした。

【過去問をチェック!】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。