ゴミ箱モデル

□ゴミ箱(ゴミ缶)モデル;マーチ,オルセン,コーエン
    バーナードやサイモンらの意思決定論 ⇒ 合理性の追求を基礎とする意思決定論
      ごみ箱モデル ⇒ 現実の意思決定過程は、諸要素が偶発的に結びついて決定

    組織における意思決定;政策の選択機会に様々な課題,解決策,参加者が投げ込まれる
                  「ごみ箱」に似た状況
                   →極めて流動的で状況に左右されやすい


 

【過去問をチェック!】

リンドブロムのインクリメンタリズム

□インクリメンタリズム(漸増主義,増分主義);リンドブロム

    【インクリメンタリズムの特徴】
      1)漸進的解決;当面の課題は一挙に解決しない
      2)政策の修正・変更;現状の政策を肯定
      3)限定合理的な選択;実現可能ないくつかの選択肢から最適なものを選択

 cf.合理的選択論
      →想定しうる限りの政策案を列挙し、それぞれの効用を正確に比較したうえで、最適な政策が選択されるとする理論
        完全性,総合性,最大化を要求する規範モデル-----最大化モデル(サイモン),総覧的決定モデル(リンドブロム)


 cf.混合走査法モデル(Mixed Scanning Model);エチオーニ
      重要な政策 ⇒ 現実性の高い少数の政策を立案し、合理的に選択
    その他の政策 ⇒ インクリメンタリズムで対応

【過去問をチェック!】

政策過程

政策-----政府が環境に働きかけ、これに新たな変更を加えようとする際の活動案
          →法律,条例,規則,構想,予算,閣議決定,首相の施政方針演説 ...に発現

   政策の要素;目的,主体,対象,手段

  【政策のライフ・ステージ】
    課題設定 ⇒ 政策立案 ⇒ 政策決定 ⇒ 政策実施 ⇒ 政策評価
【過去問をチェック!】

アリソンの政策決定モデル

□アリソンの政策決定モデル
 →キューバ危機におけるアメリカ・ケネディ政権の政策決定過程を分析して提起されたモデル

      1)合理的行為者モデル;政府は明確な目標・価値観をもち、その実現のため合理的に選択
      2)組織過程モデル;政府は複数の組織からなる複合体(政策決定は複数の政府組織の活動の成果)
      3)官僚制政治(政府内政治)モデル;政策は大統領や政府高官の政治的取引の結果
【過去問をチェック!】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。